DX・デジタルトランスフォーメーション

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち | 禅・大乗仏教 | 新しい社会

コロナってあとどれくらい続くの?<答え>あと10年つづく。

2021年9月27日

コロナってあとどれくらい続くの?

<答え>

あと10年つづく。

<より丁寧に答えると...>
世界中でのコロナ大流行は2022年夏頃に終わる。
コロナで変わった生活様式や社会変容は少なくとも、あと10年は続く。

コロナ感染症という伝染する病は、2020年1月を起点として3年から5年ほどでパンデミック(世界中での大流行)は収まり、通年性で警戒が必要なひとつの病になる。

世界的大流行が収まっても、特に日本では、マスクの習慣は続くし、外食忌避や海外旅行忌避は続く、テレワークも続く。それが、冒頭に言った「あと10年つづく」という意味だ。

衛生観念が変わってしまったことがその理由だ。

大流行が収まったとはいえ、コロナが消えて無くなったわけではなく、数ヶ月から1年をかけての変異株発生も続く。

だから、マスクは必須ファッションになるし、閉じた空間に大勢を詰め込んで口を開かせるようなもの、例えば、

・学校の教室での教師と生徒の対面授業
・会社のオフィスに集まっての就業形態
・飲食店内に不特定多数を集めての飲食
・屋内イベントで声援や歓声

こうしたものは回数がものすごく少なくなる。

学校も会社もオンラインが主体となり、

学校は週1日から週2日の登校が普通になるし、

会社も週1日から月2日程度の出社が普通になる。

飲食店は試行錯誤しないお店は淘汰される。

屋内のイベントはオンラインが主になる。

こういう状況が少なくとも2030年までは続く。

私は、上記に述べた状況が10年どころか、半永遠(今後、数百年)に続くと考えている。

ここで述べている時間の起点は、国際保健機構が「コロナは人から人には感染しないし、マスクもする必要はない。
国境を閉じる必要性もない。コロナは中国国内で収まったのだから。」
とパブリック・ステートメントを発表した2020年1月7日としている。

2022年9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
新しい社会
禅・大乗仏教
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
デジタルトランスフォーメーションで新しい生活を提案!