オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち

3月11日、こんなに復興しました。皆さんありがとう。という日にしたい。

あの「戦争」から八年がたつ。

私が暮らす東京の八王子近くでも亡くなった方が複数名いた。

ただの大きな地震ならば、それで終わっていた。

しかし、津波により塩水に浸かった原子炉が爆発した。それも一つではなく3つもだ。

スーパーの商品棚からはパンも米も小麦粉も消えた。何食べたらいいんだ。

薄暗い店内の空っぽの商品棚。

そして、レジ前に並んだ長蛇の列。

2011年の3月は、毎日の食事をパン一枚で過ごした。

計画停電によって、暖房がつけられず、仕事もできない日々が何日も続いた。

さらに、福島で爆発した放射性物質が東京まで降ってきて、空気や土地を汚した。

これが、おばあちゃんたちが言っていた「戦争体験」なんだなと思った。

福島県には良い思い出をもらったシンパシーがあったので、10万のオーダーで寄付した。

決して裕福ではない私ができる精一杯のことだった。

しかし、彼らは8年経った今でも、「まだ復興していない。」と主張している。

毎年毎年、3月になると、宮城や福島は復興とは程遠い、全然復興なんかしてない。

という声が聞こえてくる。

3月11日、その日には、

「こんなに復興しました。皆さんありがとう。」

と日本人は世界の人々に感謝する日にすべきだと私は思っている。

何年たっても恨みつらみを主張するのを見るにつけ、

「ああ、韓国の人々と同じだな。」

と情けなく思う。

2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築