オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち

iOSバージョンアップで消えたiPhoneやiPadのSafariブックマークを復元する方法

iOS11にバージョンアップして、Safariのブックマークがすべて消えてしまった。

iOS10のときも、同じようにブックマークが消えたが、しばらくすると少しずつ復活した。

iOS11のバージョンアップでは、待ってもブックマークが復活しなかった。

ブックマークの同期にも使用されているiCloudはアプリごとにデータが管理されている。

iCloudのブックマークのデータが壊れてしまったり初期化されてしまうと、iPhoneのブックマークは空のiCloudデータと同期してしまい、その結果、ブックマークが空になってしまうのである。

iCloudアカウントの二段階認証がすべてのアカウントに適用されるようにする手続きがiOS11インストール時に行われるためだと思われる。

Safariブックマークを復元する方法は次の通り。

(iOS11バージョンアップ前にiTunesでバックアップしていない場合はこの方法では復元できない。)

・Safariブックマーク復元方法

iOS11にバージョンアップ

Safariブックマークが空になる

30分待つ

ブックマークが空のまま、ひとつも復元されないなら、次以降の手続きを行う。

(Macまたはパソコン)

iTunesでバックアップから復元する

復元が終わる

(*以下はiPhoneでの操作)

復元後のiPhone起動手続きではiCloudにログインしない

\*ここでiCloudにログインしてしまうと、ブックマークが同期され、空の状態に戻ってしまう。

ホーム画面が表示される

設定 ー アカウントとパスワード ー iCloud ー SafariをiCloud同期チェックをはずす

iCloudで同期したデータをiPhone本体に残す を選択する

iCloudにログインする

SafariをiCloud同期チェックを入れる

iCloudにデータを結合する を選択する

同じiCloudアカウントでログインしているiPadやMacのSafariブックマークに徐々に反映される

(iPadやMacはiCloudにログインしたまま、再起動もしないで10分前後待つ。)

2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築