スマートフォンアプリ作成

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

AndroidStudioの端末エミュレータが起動しない時のチェックポイント

AndroidStudioの端末エミュレータが起動しない時のチェックポイント

一口に端末エミュレータが起動しないと言っても、全く起動しない場合とandroidロゴが表示されるまでは進むがそこで止まってしまいホーム画面が表示されない場合がある。

1)CPUがHAXMを実行できるか。

HAXMインストール時にもチェックされるが、

${ANDROID_SDK_ROOT}/tools/emulator -avd {AVD名}

でコマンドでエミュレータを起動して次のようなワーニングが表示される場合はCPUが対応していない。

emulator: WARNING: Host CPU is missing the following feature(s)

Hardware-accelerated emulation may not work properly!

2)AVDのRAMサイズがHAXMのmemory limitを超えていないか。

${ANDROID_SDK_ROOT}/tools/emulator -avd {AVD名}

を実行してエミュレータをコマンドから起動するとエラーやワーニング内容を見ることができる。

HAXM Memory Limitを超えている場合はワーニングメッセージが表示される。

AVD名は次のコマンドで確認できる。

${ANDROID_SDK_ROOT}/tools/emulator -list-avds

HAXM Memory Limitは次のコマンドで設定変更できる。

sudo $ANDROID_SDK_ROOT/extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager/silent_install.sh -m 2048

3)AVD Managerで作成したAVDのSystem Imageがx86_64でないか。

AVDのSystem Imageはx86、x86_64、x86 GoogleAPIs、x86_64 GoogleAPIsの4通り選択できるが、このうちx86_64はHAXMで実行できない場合があるので、x86で作成すること。

4)次の二つの環境変数を/.bash_profileに定義しているか。

export ANDROID_HOME=/Users/{ユーザ名}/Library/Android/sdk

export ANDROID_SDK_ROOT=/Users/{ユーザ名}/Library/Android/sdk

5)AVDを作成して最初に起動するときは時間がかかる。

端末エミュレータでHAXMを利用してx86バイナリとしてアプリを実行したとしても初めてOSイメージをロードするときは時間がかかる。

2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
android
iOS
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
スマートフォンアプリ作成