DX・デジタルトランスフォーメーション

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち | 禅・大乗仏教 | 新しい社会

00年代までアプリを作る際に大きな問題だったことが文字コードだった

00年代まで、アプリを作る際に大きな問題だったことが文字コードだった。

シフトJISという場当たり的な文字コードが主流だったために、プログラマが浪費した時間は膨大だったろう。

シフトJISは、文字コードが他の文字コードと重複していたため、文字化けしたりして極端に扱いづらい文字コードだった。

現在でも、全銀手順など旧来から続くプロトコルはシフトJISを文字コードとして使い続けている。

コンピュータではシフトJISが使われていたために、プログラマはこれを避けて通るわけにもいかず、文字コードの判別や文字コード変換をせざるを得なかったのだ。

2010年代になると、ほぼ全てのコンピュータがUnicodeを用いるようになった。

ウェブもandroidもiPhoneも全てがUNICODEで統一されている。

文字コードを気にかけていた時代が懐かしく感じるほどだ。

UNICODEにも2つ問題点がある。

1) UNICODEはUTF-8なら1文字につき3バイトも消費するため、ストアや内部メモリをシフトJISよりも1.5倍多く消費することだけがマイナス要因となること。

(UTF-16だと1文字につき2バイト)

2) UTF-16とUTF-8という2通りのUNICODEが存在すること。

この二つに互換性はない。

アルファベットを使う人々はUTF-8が有利だが、日本語ならUTF-16が有利だ。

windowsとandroidはUTF-8を採用していて、MacとiOSはUTF-16を採用している。

いづれにしても、アプリを国際化する際にはとても簡単にできることは、文字コードが全世界で統一されたことによる大きな成果だろう。

2022年9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
新しい社会
禅・大乗仏教
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
デジタルトランスフォーメーションで新しい生活を提案!