オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち

iosとandroidのフレームワークと開発環境の問題点と特徴のまとめ

iosとandroidのフレームワークと開発環境の問題点と特徴のまとめ

android

・activityを作ってもmanifestに記述しないと表示できない。

・デフォルト設定ではprojectフォルダ内に1000個以上のビルドファイルが保存されてしまう。

・リソースファイル名に大文字やハイフンが使えない

・viewの見た目をカスタマイズしたい場合は背景にShape xmlを指定する。

・NewFileしても標準ではActivityの雛形が提供されない。

・画面layoutリソース間の関係をwysiwygで定義できない。

ios

・storyboardでviewにconstraintを設定してもそのviewのヒエラルキーを変更すると再設定しなければならない。

・back segueのエンドポイントはstoryboardで定義できずプログラムする必用がある。

・キーボードにまつわる入力view表示制御はプログラムする必用がある。

・scrollviewは単にstoryboardに置いただけではスクロールしてくれない。

・viewの見た目をカスタマイズしたい場合はUIView等を継承して表示に関するメソッドをオーバーライドする。

-

慣れてしまえば、どちらのフレームワークも問題ない。

ただし、androidのactivity表示はコストが大きく表示されるまで時間がかかるので、1/10秒単位の速度を求める場合にはViewとして表示した方が良い。

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築