オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち

Segueを使うと柔軟な画面遷移ができます

iOSアプリの試作品を作るにあたって、StoryBoardでストーリーボード(絵コンテ)を作れるのがandroidにはないiOSの優位点かもしれない。

nib(.xib)からStoryboardになって便利になったのはそれだけではなく、Segueにより柔軟に画面遷移が可能になったことだ。

Segue以前は2つ前の画面に戻ることは難しかったが、Segue後は簡単にできるようになった。

ではSegueの使い方を見ていこう。

Storyboardでは

<通常Segue>

Storyboard上のUIButtonやUIBarButtonitemやGestureRecignizerやUITableCellをタップした時に遷移したいUIViewControllerまでCtrlキーを押しながらドラッグするだけ。

作成したらIDを設定しておきます。

<戻るSegue Unwind Segue>

StoryboardのUIViewControllerのExit

Storyboard上のUIButtonやUIBarButtonitemやGestureRecignizerやUITableCellからExitまでCtrlキーを押しながらドラッグして、タップした時に戻りたいUnwind Segue IDを選択する。

プログラムからは

<遷移元UIViewController>

マニュアルでSegueを実行

[self performSegueWithIdentifier:@"storyboardId" sender:self];

遷移先のUIViewControllerのインスタンス変数に値を渡す

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender

設定したSegueを実行したりしなかったりの切り替えをする

- (BOOL)shouldPerformSegueWithIdentifier:(NSString *)identifier sender:(id)sender 

<遷移先UIViewController>

Unwind Segue

画面の戻り先となるメソッドを定義する。

- (IBAction)someMethodName:(UIStoryboardSegue *)segue
という形式で好きな名前のメソッドを作る。このメソッドが戻り口になる。

2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築