スマートフォンアプリ作成

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

iOSアプリをAdHocで公開する方法 Xcode6.1の場合

adHocでアプリを公開する方法のまとめ

昔のTestFlightのようなサードパーティツールが自動でやっていたことを自前で行う方法です。

\* Apple版TestFlightと比べて

・テスト機の UDID をやりとりする

・SSL対応サーバを自前で用意する

ということはあるものの、iTunesConnectにアプリ登録して事前審査を受ける必要ないので急ぐ場合はAdHoc配布のほうがよい。

Xcode6.1 で

(1) テスターから デバイスの UDID を知らせてもらう

(2) Apple Developerサイトを開いて Certificates, Identifiers & Profiles の Device に UDID を登録する

(3) provisioning profile を generate する

(4) ダブルクリックしてxcodeにインストールする

(5) product - archive でアーカイブ作成

(6) organizer で対象アプリを選択して Export…

(7) save for Ad Hoc deployment を選択

(8) チームプロビジョニングプロファイルを選択

(9) adHoc用プロファイルが表示されるので Exportボタンをクリック

*ここでエラーがでるときは、

 (a) Apple Developerサイトを開いて Certificates, Identifiers & Profiles の Provisioning Profiles - Distribution をクリックして一覧を見る

 (b) XC Ad Hoc: * というプロファイルをクリック

 (c) Downloadボタンをクリックしてダウンロード

 (d) ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールする

\* provisioning profileを新しく作った場合に、ここで古いprovisioning profile名が表示されるときは→をクリックして表示されるFinderファイル一覧からハイライトファイルを削除して、画面をひとつ戻してから続けるとprofile名が更新される

(6) 保存場所を指定して Exportボタンをクリックすれば .ipa ファイルが作成される

(7) manifest.plist を作成する

(8) html ファイルを作成する

(9) https アクセス可能なクラウドにアップロードする

\*これでadHoc公開準備完了

(12) テスターに html ファイルのURL(ex. https://app.staging/app/index.html)を iCloudメモ か メール、チャット で知らせる

(13) デバイスで URL をタップするとアプリがインストールされる

AdHoc配布対象のデバイスを追加するとき

(1) apple開発者サイトでdeviceを登録 名称とUDID

(2) XC Ad Hoc:* provisioning profile (invalidになっている)またはアプリ専用 provisioning profile で追加デバイスを有効にする

(3) provisioning profile を generate しなおす

(4) ダブルクリックしてxcodeにインストールする

(5) Product - Clean する

(6) Product - Archive して配布アプリファイルをつくる

\* 登録していないデバイスにインストールを試みると、「Appをダウンロードできません」ダイアログが表示される

\* provisioning profile の内容を確認するには 生成された xxx.ipa ファイルのファイルタイプを .zip に変更し、ダブルクリックして解凍し、embedded.mobileprovision ファイルの内容をUTF-8に対応したエディタで確認する

2017年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
android
iOS
アプリの著作権
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
スマートフォンアプリ作成