オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

ブロックチェーン・暗号技術 | android | iOS | Web | アプリの著作権 | 日本のなりたち | 禅・大乗仏教

iOSのSizeClassとConstraintsはフラグメント化したiOSには欠かせないものとなった

iOSのSizeClassとConstraintsはとっつきにくいんだけど、画面サイズが4パターンあるとこれまでのようにdp指定で画面をデザインすることができない。

Constraintsはandroidでレイアウトに使うリニアレイアウトビューのようにリキッドレイアウトできる仕組みなんです。

これにSizeClassを合わせて使うとiPhoneとiPadで表示位置を変えたりフォントサイズを変えたりすることができる。

w R x h Any - HorizonサイズがRegularならiPad。

w C x h Any - CompactならiPhoneだ。

なぜか頭デッカチのプログラマはXcodeを使わずにemacs使ったり、Storyboardやxibを使わずにコードで画面を作るのを好むが、このようなプログラマは淘汰されてしまうだろう。

これまでもStoryboardの方がコードで書くより数倍効率的だったが、SizeClassとConstraintsの導入によってさらに差が開くことになった。

2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
android
iOS
web
アプリの著作権
ブロックチェーン/暗号技術
禅・大乗仏教
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築