スマートフォンアプリ作成

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

日本国内でやり取りされるメールを日本政府が傍受して監視する3つの方法

日本国内でやり取りされるメールを日本政府が傍受して監視する方法は3つある。

1. 都道府県単位のNTT地域通信網NGN等に監視装置を設置するもしくは網制御装置に監視ソフトをインストールする。

この場合は携帯電話同士の通信は傍受できない。

2. IXPと呼ばれるプロバイダ網・携帯電話網間の交換局に監視装置を設置するもしくは網制御装置に監視ソフトをインストールする。

この場合には、プロバイダ同士が一対一でピア接続している通信やプロバイダ内でのやり取りは傍受できない。

3. WiFi無線通信と3G4G通信を盗聴する監視装置を携帯電話基地局に設置するもしくは制御装置に監視ソフトをインストールする。

この場合、監視場所が100万のオーダーになるので政府単独では実施できない。

どの方法も国民がやり取りするメールを100%把握することはできない。

GMailやLINEなど米国や韓国にサーバが設置されているサービスを利用する場合には規約にあるようにメールの内容はサービス提供会社により盗聴されその内容が解析されることになる。

2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
android
iOS
アプリの著作権
日本のなりたち

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
スマートフォンアプリ作成