スマートフォンアプリ作成

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

アウトソーシング先の非正規社員にまで自社が顧客から預かっている大事な個人情報を見れるようにしてしまうというコンプライアンスをもつ企業は加害者でこそあれ被害者ではない

ツイッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネッセははたして被害者なのか?

企業はアンケートやプレゼント企画などで見込み顧客の情報を集めます。
アンケート用紙には小さくダイレクトメール等が送付されることがあります。と書いてあるがだれも読まないですね。たわいもないモノを個人情報と引き換えにしてるわけです。

企業は集まった個人情報からDMを発送したり、電話勧誘したりして売り上げをかさ上げしようとします。

また、企業が「顧客から預かったモノ」という強い認識があれば、個人情報の保護に経営資源を投入するでしょう。しかし、ベネッセに限らず多くの企業は自分の金で集めた情報なので自己資産という認識の方が強いため、個人情報を保全しようとするのではなく、個人情報という資産を有効利用しようとします。

だからこそ、グループ内で個人情報を保全することをせず、外部にアウトソーシングして経費を節約する方向に走るわけです。
そして、個人情報を有効に活用するためにアウトソーシング先の非正規社員にまで自社が顧客から預かっている大事な個人情報を見れるようにしてしまうというコンプライアンス風土が生まれるに至ったんですね。

このようなコンプライアンスをもつ企業は加害者でこそあれ、被害者ではありません。


AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
スマートフォンアプリ作成

中国経済が傾いた結果どのような状況が発生するか考えてみた

東京オリンピックロゴとベルギーの劇場ロゴのデザイン設計を比較してみた

戦争と平和そして日本国憲法に関して国民的議論になるのはとても良いことだ

日本と中韓の違いは継続性だった

誰もいない草原に心地よい風が耳元を吹き抜けていく。 1日に1回軍機が空を南から北に飛んでいく。 そんな国で暮らしたい。

フランス人よ ナチスによるホロコーストは無かったとあなたの国で主張することができるか?言論の自由がほんとうに存在しているならできるはずだ

マクドナルドの止まらない異物混入事件を見ていて思ったこと。それはフランチャイズモデルの終焉。

フランスで起きた事件でも、閾値を超えて侮辱してしまったために起きた事件であると言える

AIBOの修理をしようとしないSONYから見えたこと

刹那主義、先々のことは考えても無駄。というのが20代から30代前半の人間らしい