オリジナルのブロックチェーン構築

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

あなたはクリスチャン・R・ラッセンの絵を間近で見たことがありますか?

あなたはクリスチャン・R・ラッセンの絵を間近で見たことがありますか?

どこまでも青く透き通る透明度の高い海に生き生きと泳ぐイルカ・・・

幻想的でなのにとても現実的で・・・

見た人の心を一瞬にして惹きつけ癒される絵・・・

ラッセンの絵が世界的に高い評価を受けている理由はそこにあるような気がします。直にイルカと触れ合っているような感覚、絵に吸い込まれ海の中にいるような気持ちになったこと、私も1度や2度ではありません。

ラッセンの海にインスパイヤ−されたシ−ビジョンファンデーション(NGO)(ア−ティストが所有するソサイエティ)は、作品の販売収益の一部によって環境運動を支援しています。

ミスティック オルカ 1000ピース

■略歴

1956年アメリカ・カリフォルニア州メンドシノの浜辺の町に生まれ、幼き頃より絵を描くことに興味を覚えました。近隣の森には鹿やあらいぐま等が多く生息しており、ラッセンがここで見た四季折々と生きている自然の素晴らしさは自然界のハ−モ二−を強く印象づけました。

ラッセンが10歳の時、両親がハワイ島に移ることを決め、オアフ、マウイ、ハワイ島を転々とした後、一家はマウイに定住しました。

10歳に両親とともにハワイ・マウイ島へ移住したことがアーティストとしてのラッセンに大きく影響することになります。美しい自然と生みに囲まれ、現在の創作活動の源となる豊かな感受性を養いながら、幼い頃から海で遊ぶことと絵を描くことに熱中したラッセンは後に

「マウイに来て2日目初めてラッセンはサ−フィンを習いました。この土地は僕をいろいろ励まし元気づけてくれました。住み始めた当初から僕は感情や精神面で多くのサポ−トを得ました。」と話しています。

その後、次第に美しい自然と、そこに棲む生き物たちに強烈に魅せられたラッセンは、それをテーマとして作品にとりくみ、高校時代にはすでにラッセンのスタイルと画法(イリュージョナリー・リアリズム/幻想的なリアリズム)を確立していた。そしてラッセンは、絵で成功するためには絵の具の溶剤等全ての面に精通していなければならないと言うことに気付き、オランダの古い技法で知られる「グレ−ジング」として知られる色の層を作ることに時間を捧げるようになりました。これを海の色、夕日、日の出、夜の海等の作品に使用し、完成させることによって様々な海の変化を適切に描写できる技術を向上していきました。これによって絵の中の異なった面と距離の間に光を反射させることが可能となり、今のライティングにより海の色が違って見える「本物の海」と評される技法が完成されたわけです。

1976年よりマウイの自然をモチーフにした作品を多数を発表、自然の躍動感、全て生命に等しく流れる命のキラメキと力強さ、何物にも変えがたい自然の美しさ・・・で徐々に注目を集め始め、高い評価を得ている。

1986年には、ホノルルマラソン公式アーティストに選定され、1990年は、作品の収益の一部で環境保護団体「シービジョン財団」を設立するなど、環境保護にも熱くその情熱を傾けている。

1992年、国連記念切手「国連クリーンオーシャンキャンペーン」のイメージアート製作。

1996年、ユニバーサル映画「フリッパー」の公式ポスター製作。同年、ホノルル市が、芸術と自然保護活動の貢献に対し、3月2日をラッセンの日と制定。

1998年、NGO組織「フレンド・オブ・ユナイテッドネーション」の親善大使に任命されている。ラッセンは現在も海や自然をこよなく愛すマリンアート界の第一人者として、幅広く活躍中であるとともに、チャレンジの人でもあるのです。


AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
オリジナルのブロックチェーン構築