スマートフォンアプリ作成

AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版

日本全体を覆っている萎縮した雰囲気を明るく活気に満ちた社会に変えていくには

ツイッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

がむしゃらに何かをすることってそんなにかっこ悪いことじゃないですよ。
というか、かっこいいことだと思う。

がむしゃら=自分の外見とか他人からどう思われるか?とかそういうことは置いといて、無我夢中で物事に取り組むこと。

集中して勉強や仕事をしていると、「もうお昼か」ということがよくありますよね。
それです。がむしゃらって。

そのがむしゃらさを、人から言われた宿題や仕事ではなくて、自分でやりたいことを見つけて、それに向かって、がむしゃらさを投入していく。
そうすると、今の日本全体を覆っている萎縮した雰囲気が明るく活気に満ちた社会に変わっていくと思うんですよね。

こんなこと書いてるのは、今日「アメリカはなぜ繁栄したのか?」を考えていたからなんです。外は大雨だったのでね。

別に、アメリカのように大きな国になりたいわけではなくて、今の日本の社会を覆っている「どうせなにやっても、なるようにしかならないでしょ」とか「政権交代したのに何もかわらないじゃん。やっぱり」とか。そんな社会が続くのはいやなだけです。

こんな大雨の日でも、何食わぬ顔でのんびりしていられるのも、70年前に国に命ぜられるままに、聞いたこともない外国に連れていかれて過酷極まりない戦いをしいられた先人たちがいたからなんです。

その人たちは国や天皇のために命をかけて戦ったのではなくて、日本に残した大切な人(あなたのおばあちゃんやひいおばあちゃん)のために戦ったのだということを忘れてほしくありません。

テレビで放送されているような他人が作ったもの(他人の人生)にとらわれないで、自分の頭で考え、どうぞ自分自身の人生を生きてください。


AppStoreにて無料公開中! ”システム手帳”で検索! - AppStoreへ iPad版 - iPhone版
スマートフォンアプリ作成

中国経済が傾いた結果どのような状況が発生するか考えてみた

東京オリンピックロゴとベルギーの劇場ロゴのデザイン設計を比較してみた

戦争と平和そして日本国憲法に関して国民的議論になるのはとても良いことだ

日本と中韓の違いは継続性だった

誰もいない草原に心地よい風が耳元を吹き抜けていく。 1日に1回軍機が空を南から北に飛んでいく。 そんな国で暮らしたい。

フランス人よ ナチスによるホロコーストは無かったとあなたの国で主張することができるか?言論の自由がほんとうに存在しているならできるはずだ

マクドナルドの止まらない異物混入事件を見ていて思ったこと。それはフランチャイズモデルの終焉。

フランスで起きた事件でも、閾値を超えて侮辱してしまったために起きた事件であると言える

AIBOの修理をしようとしないSONYから見えたこと

刹那主義、先々のことは考えても無駄。というのが20代から30代前半の人間らしい