弁護士(法律事務所)ホームページ作成

債務整理事件(一般民事)を中心とした法律事務所殿に信頼感をイメージしたサイトをデザインした事例。

  • Googleマップ(案内地図)、amazonアフィリエイト(著書販売)を利用し、導入しやすいホームページ制作費を実現しています。

構築費用計総額はいくら?

神奈川弁護士


新宿弁護士事務所弁護士事務所(法律事務所)


東京弁護士会総合法律事務所ホームページ


- コンテンツ -

  • 事務所の方針・特色 *
  • 弁護士プロフィール *
  • 業務内容
  • 債務整理事件について
  • 事務所のご案内 *
  • 簡単ホームページ自動更新ソフト対象ページ

法律事務所もさまざまです

仕事をやっていたり、長く生きていると、何がしかの法律的な問題に直面することがあります。

こういうときに、人間は大きく2つに分かれます。自分で解決しようとする人と第三者にすぐに相談する人です。

自分で解決しようとする人は、ネットで調べたり、本屋さんで関連書籍を購入したりして知識を収集します。要するに、弁護士さんに頼まずに、本人訴訟をしようとするわけです。

小額の案件などの場合には、本人訴訟することも可能ですが、会社の存続に関わるような案件を本人訴訟する方はおられないと思います。ある程度の金額を払っても、確実性を求めて弁護士さんに依頼するわけです。

そこで、どの法律事務所に依頼すべきか?となるわけですね。

訴訟中は、何度か事務所を訪れなければならいことがあるため、通える範囲に地域をしぼって探します。同じ市や同一沿線上で探すことが多いと思います。

最寄駅で探す場合もありますが、センシティブな問題の場合には、近すぎて気が引けるかもしれませんね。

また、法律事務所も専門分野があります。交通事故対応や相続問題などの頻度が比較的多い訴訟を中心に受けている事務所もあれば、特許紛争や労働問題などの企業法務に特化して、公認会計士と弁護士がタッグを組んで取り組んでくれるようなところもあるんです。

ホームページを見てみると、専門分野を限定しているところと総花的になんでもやります的なところとがあります。

依頼したい案件が専門分野として書いてあるところに依頼すべきです。

総花的なところは、ほとんどが交通事故や相続トラブルなどのあまり専門知識や経験を必要せず、本人訴訟でも十分できるような案件だが、訴訟のため裁判所に出向く時間がとれないとか、トラブルになっていて仲介役になってほしいなどの専門知識ではないところで活躍している弁護士さんが多いようです。

弁護士さん1人で開業している事務所や、中心的な弁護士さんがひとりいて、研修を終えたばかりの弁護士さんが数人いたりと、事務所によって様々です。若手の弁護士さんは、ゆくゆくは自分で事務所を開設したいと思ってらっしゃるので、見習い期間のように捉えているようです。